録音しないピアノレッスン

皆さんは練習の録音はなさるでしょうか。
自身が通うレクチャーの場合では多くの学徒が環境顔を飛び切り、気持ちするせいか録音機会を持っているクライアントはいらっしゃらないと思います。
ケータイにもボイスレコーダーはありますが調はなかなかで、振り返りに役に立て難いって感じられる方も多いのではないでしょうか。
なので本日、わざとボイスレコーダーを使わない強みを著作しようと思います。
私の通うレクチャーでは、全く自分学徒もドクターも環境顔を気にします。
ですから経済的な意味で、止むを得ず始めた調教法や練習法の強みを大切にしている事が多いです。
ですがちらほら、自分学徒もドクターも最新の録音機材を取り入れているレクチャーや、ハイテクなコンピューター機材、テクニックを導入しているレクチャーを羨ましく感じます。
ですがここは「顧客は顧客」といった割り切っています。
何よりも録音をしないメリットは、特定の弾きクライアントに固執することを防げる点ではないでしょうか。
自分のわずか1回の賢く弾けた部分に固執してしまって、今はまた賢く弾けなくなってしまったといった、自分拒否をしぎみだ。
ですが録音をしない結果それを防げます。
私のドクターはプロのCDの模範をできるだけ聴かないことを提唱されていました(さほどミュージック器具が相応しいレクチャー情勢ではありませんので、その目的もあるです)。
1つの弾き方を恰もまさに思ってしまう点の災難において、注目を通じて下さいました。
このように、自分の録音かどうかを問わず、ある程度一回一回の録音無しの生の歌唱を大切にする態度を大切になさっています。
こういう録音機材がない時点というのは、クラシックピアノが発達した現代と同じでしょう。
当時の感度もこういう態度がライフだったことでしょう。
私達は録音以上に、自分の耳を信じることを大切にしています。
やっぱり現代では、デジタルの良さも生かして録音機会を使うほうが効率の良い、公明正大な歌唱を聴くことが出来ることは万全でしょう。
ですが、経済的にもそこまで実行するのはむずかしい方も多いのではないでしょうか。
かりにレクチャーであっても一緒でしょう。
私達は、わざと古臭い時代の感度を大切にする、という強みからピアノを学び楽しみます。
録音をする結果、更なる出店も見込めるでしょう。
ですがその録音機会本人も、より良いものでなければ練習の効果は半減してしまいます。
だからといって、容易におっきい軍資金を出来るとは限りません。
皆さんはどうしてお主観になりますか。女性用の育毛剤がすごい!