直感ではたらくお兄さんの優しさに感動した今朝の思い出

通勤ラッシュおつかれさまだ。

通勤機会って惜しくも制限してくれた方が良いのになっていうくらいに、混雑して
いるし心の余剰がなくなりがちだ。

昨今、HOMEにおばあさんが座りこんでいたのです。
どことなく、具合が悪いのか、常にそこに座りこんでいらっしゃるのかという
風土に皆さんがスルーしていきます。
私もどうなのだろうと思いながら、どうしても次の地下鉄にスムーズに股がることばか
りを考え、見てみなかったふりを通じてしまいました。

そっちへやってきたのは、ビーツのレシーバーを振りかけ色眼鏡をした若いお兄さん、つぎつぎといったMusicを聞きながらビートをとって歩いています。
そうしてなんの逡巡もなく、おばあさんの脇で徒歩をとめ

胸をなでなで

大丈夫?って声をかけました。

おばあさんは、ニヤニヤ笑って。ええ、大丈夫と言って立ち上がったのです。

ヒューマンって、手厚く達する結果、これ程普通笑顔が出るんですよね。
何とか年代をとっても、あたまをなでなでして買うのは嬉しいですよね。
たまたまとうに快くて、そして恥ずかしくて、けれども自分もそういったヒューマンになりたいなと思いました。

堅実に直感で動いている優しさにエキサイト、いっぱい考えずに自分の内面ではたらく大切さを若々しいお兄さんに教わりました。プリウスなら値引きできました