生涯学習と大学

大学では高齢者のための学習として、生涯学習にも積極的に取り組んでいます。
全国の大学でそのような動きになっているのだ。
少子化といった高齢化がすすむのですから、大学の方針として生涯学習に力を入れるのは当たり前なのかもしれません。
インターネットで調べてみると、全国の大学に生涯学習の講座がいることがわかります。
その呼び名は大学を通じて異なってあり、エクステンションセンター、オープンカレッジ、オープンユニバーシティなどです。
当然、生涯学習だけではなく、地域との連携や社会人を受け入れるための講座なども含まれています。
生涯学習は文部科学省が政策として進めているものだ。
文部科学省の政策では高齢者だけではなく、どの年代も学習始める意欲があればその機会を加えましょうと言うことだ。
高齢者に限った取り組みではありません。
しかし、現実的には一般の社会人が講座を受けるためには様々なハードルがあります。
そのために、高齢者などの参加が多くなっているのが現実だ。
大学の取り組みとして、積極的に生涯学習の講座を設けることは悪いことではありません。
歓迎わたるべきものだ。
もちろん、大学の宣伝効果も考慮されているでしょうが、それは当たり前のことです。
生涯学習で大学が注目わたるのは、本来の学習の機関が大学だからだ。
小学校や中学校、そうして高等学校はほとんど、義務教育のようなものです。
子供たちのサポートだけでそれ以外に手が回らないのです。
大学が重要な役割を担っていると言うことだ。

引越しの便利サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です