日焼け止めの効果を長持ちさせる方法

美容面を気にして、紫外線対策をしている女性が多いですが、日焼けは皮膚がんの原因にもなることがあります。
一番の日焼け対策は、一切紫外線を浴びないことですが、通常の生活をしていて、紫外線をすべて遮るのは難しいですね。
そこで、多くの人が日焼け止めの乳液を使っています。
しかし、日焼け止めの乳液は汗や皮脂に弱く、効果が持続するのは2時間ほどと言われています。

そこで、日焼け止めの効果を長続きさせるのに、効果的なのがベビーパウダーです。
赤ちゃんにも使えるほど低刺激なので、敏感肌の方もいいかもしれません。
日焼け止め乳液を肌に塗った後、ベビーパウダーを重ねて塗ります。
ベビーパウダーは汗や皮脂を吸収し、肌をサラッとした状態に保つ効果があるので、日焼け止め乳液も寄れたり流れたりしにくいのです。
また、首元にベビーパウダーを塗っておけば、シャツの襟もとが汚れるのも防いでくれます。

ドラッグストアなどで、数百円で購入できるので、ぜひお試しください。

脱毛器のアンケートランキング結果はこちらです。
ランキングが気になる方はこのサイトから
脱毛器のランキングを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です