今から約20年頃前の所。俺は20年代になったばっ

今から約20年頃前の所。俺は20年代になったばっかりでした。オードリー・ヘップバーンの「ローマの休日」を観て麗しいオードリーのことが大好きになってしまった俺は、彼がフォトの中でグレゴリー・ペックを後ろに乗せて運転していたあのvespa(ベスパ)を偶発通路がかったバイク職場で見つけ、思い切って購入してしまいました。色調は清楚なアイボリーホワイト、取っ手の両端にウインカーが付いている物珍しい設計だ。日本製の原付と比べて明らかに遊び心のある設計。クルマを購入するように求めた父兄の反対を押し切って買ったけれど自責はありませんでした。
運転するときはオードリーになりきって(笑)、眉毛も彼に似せて描き、背筋を伸ばして乗ったものです。「おっ!」というあこがれの視線がすれ違うクルマや足どりヤツから突き刺さるのが気持ちよかっただ。
当時、短大を卒業したばっかりだったけれどパートで貯めた積み重ねを皆注ぎ込みました。代金は40万円!それまでの暮らしで一番大きな買物でしたが、四六時中ベスパに乗って立ち寄るのが私の大きな喜びの一つになりました。
つむじが薄い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です