ローンの残債のある場合の中古車買取査定

車を売却しようとしてもローンの残債がある場合、中古車買取査定の金額次第では売却ができない場合もあります。例えばローンで車を購入している場合、車の所有権はローン会社や購入先のお店についている場合があります。

その際はローンを完済しないと所有権が外れないので売却することができません。買取金額がローン残債よりも高い場合は、その金額から残債を一括返済することで所有権が外れるので売却できます。買取金額がローン残債よりも低い場合は追い金をしないとローンを完済できません。追い金ができない場合、所有権が外れないので売却はできません。しかし、例えばローンで購入していても所有権がローン会社や購入先でなく、ご自身の場合は売却できます。ただし、その場合、車を手放しても完済しない限りローンが続きます。そのため、ローンで車を購入しており中古車買取査定を考えているのなら、まずは車検証を確認した方がいいです。車検証上の所有者欄にご自分の名前が記載されていれば普通に売却できますが、ローン会社などの場合は完済しなければ売却はできません。
車買取が豊田市で最高額査定NO.1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です