トランプマジックと先入観

トランプマジックで先入観を利用して、本来は2枚同時に存在するはずのない同一カードを別々のところに隠し持っておき、瞬間的に移動したように見せかけるということもできるわけで、トランプマジックというのはマジシャンにとって、実にトリックを仕掛けやすい手品の種類であるということが言えます。

基本的にトランプマジックの多くはものすごい仕掛けが準備されていることはほとんどありません。トランプをシャッフル(切る)ときに、あえて上の数枚を切らないようにするとか、同じトランプをもう一組用意しておいて途中ですりかえる。

あるいはもっと単純に二つに分けたトランプの山を一つに戻すときに、上と下を逆に重ねるといった、テクニックによって行われるトランプマジックは多いです。これはタネあかしされても、素人ではなかなかできないこともあるのですが、逆に言えばきちんとしたトレーニングを重ねることによって、素人でもプロと同じトランプマジックを行うことができる可能性を示しています。

プロの行う洗練されたトランプマジックにおいては、全ての動作、例えばちょっと帽子にふれるとか、ピクっと指を動かすといった動作ですら、何らかの意味があって行われると言われます。トランプマジックは見ている人の先入観と錯覚を利用した高度なマジックということがいえるのではないでしょうか。

水素水アキュエラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です