入念な保湿で小皺としみ対策

何と言っても夏のスキンケアは保湿に力を入れています。

私にとって夏のお肌の一番の大敵は将来発生するシミ・そばかす、皺の要因となる太陽の紫外線です。
紫外線によってお肌の水分が奪われ、小皺やしみの発生につながるのであるとすれば、保湿を十分にしておくことである程度防げるのではないかと思っています。

なので、空気が乾燥する冬よりも夏に保湿に気をつかっていて、通常なら化粧水、乳液で済ませるスキンケア(ジッテプラス)を、外出が予定される前日の夜、当日の化粧前、当日の夜の洗顔後は美容液をプラスし1段階ケアを増やしたり、フェイスパックを取り入れるようにしています。

もちろん保湿だけではなく日焼け止めクリーム塗布による紫外線バリアは絶対条件です。

日焼けでただ肌が黒くなったり、赤くなるだけなら季節が変わるに連れて肌の色も戻っていくので許せたのですが、大人になってからは将来のシミ、そばかす、皺対策としての保湿を一番重要視するようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です