さみしいです。

今日、美容院に髪の毛のカットとカラーをしに行くことにしました。
それでいつも仲良くしゃべるスタッフの人たちと何をしゃべろうかとても楽しみにしていました。
それと聞きたいことがあったので忘れないように聞こうと思ってウキウキしていました。
美容室に行ってみると仲のいいスタッフ二人の姿が見えなかったので、お店の裏の方で洗濯物でも干しているのかなと思っていました。

そして美容師の人の髪の毛を切ってもらっていたら、「あの二人実はやめたんよ。先月末に二人同時に急に。」と言われました。
「美容室に向いてないから。」と言って辞めると言った日に二人がやめさせてくれと言ってきたので止めたらしいのですがもう決めたからという事でした。
普通社会人として、辞める1か月くらいまでには言うべきだろうと思います。
でも、ちょっとわかるような気もします。
その辞めた二人は、ほとんどお客さんのカットはやっておらず、いつもカラーやシャンプーやブローをやっている感じでした。
このまま美容師としてやっていける気がしないと言っていたのもわかるような気がするのです。
美容師さんは本当に大変な仕事だと思います。
腕一本で仕事をしているし、お客さんの求めるスタイルをできないとクレームも言われるだろうし一人前になるまでにすごく大変だと思います。
それを考えた時、自分には無理だと思い糸が切れたのではないかと思います。
30歳手前でこれからの人生の決断したのだと思いました。
http://www.okuritaiyo.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です